年寄り向けの素朴なカレーを作ったら

玄関に吊るされた私の(返却)鍋 先週、月曜のコノミヤデー 「ゴロッとした肉とじゃがいもの入った カレーが食いたいなぁ~」 と、、呟く親父。 ブー・ブー・ブーッ~ 警戒態勢!警戒態勢! これは、、私に作れ!ってゆ~遠回しの言い方に違いないっ。 数種類のスパイスがどぉ~だとか、 熟成のフォンドヴォーがどぉ~だとか、 だんだんと複雑になってゆく日本食カレー。 そんななか、 年寄り向けと言っては失礼だけれど、、 ココ壱番屋のカレーはクセが無いとゆーか、、 喫茶店で缶カレーを食べていたような親父世代には 食べやすいハズだから、お勧めしてみたら・・・ 既に経験済みで、、望んだ味ではなかったとかなんとか、、 💦「それはきっと、、メニューの、、  選択ミスしたんやわぁ~」と逃げておこう。 かくゆー私も、昔ながらの貧乏カレーが一番、好きだけれども、、 働くおひとり様は、しかも、、週に一度しかお休みもないから ゴロッと肉ってのが問題なのよねっ。 ビーフシチューを作る時のように 良いお肉を買って来て時間を掛けて作らないといけないしぃ~。 ここは無視のだんまり作戦 のに、、それなのに親父に有利な風が、、 いつものマルナカで理想的なカレー肉を発見! 質は高いのに弾かれた部分の不揃いの寄せ集め。 g当たりの金額が安く設定してある山芋とか蓮根なんかの 半端モノと同じように (スーパーで注意して見比べてみて) 通常売りの中に僅かに1パックが紛…

続きを読む