金木犀香る真夏日に冷やしそうめんかな

今、我が家のエアコンは稼働中 昨日の土曜日は秋の日の朝として目覚めて 情報ライブミヤネヤの蓬莱さんの解説を忘れちまって セーターなんかを着て出勤(失敗!)。 玄関を開けたら キンモクセイが香る秋の朝に違いないのに 前面道路はまるで夕立の跡で 青空にはハイジの黒パンとクララの白パンとで こさえたような雲のサンドイッチ・・・ 夜の9時を過ぎてから日付が変わる頃には 風の音がピュ~ピュ~と音を立てて 時折、掃出し窓はガタガタと音を立てる。 寝苦しい夜になりそうだし 夕食は冷やしそうめんに。 一日を生き延びるような生活に追われていても 最近、よく頭に浮かぶことは この日本も、この世界も、この地球も 「ほんまっ。大丈夫かいなっ」って、 天地創造の神さまが存在しているとするならば・・・ 好き勝手する人間にイライラ、カリカリで ウサ晴らしをするみたいにゲームセンターに置いてある ピンボールマシンみたいな遊びをしてるんとちゃうか? などと、、想像の世界。 そのピンボールマシンこそがこの星、地球で 神様の手から発射される攻撃の球が スタート地点を飛び出して それぞれ得点が違う配置された各セクションの、、 アッチにゴツン、コッチにゴツンとぶつかるゲームで 最高スコアを狙っているんとちゃうか・・・とか。 噴火、地震、津波、台風に天から降ってくる雨 このまま、この星を人間どもに貸してやるのか否か、、 などと、、天地創造の神は頭を悩ま…

続きを読む