腹の中にある・・・いちもつ

信州に住む先輩からりんご(紅玉)を送ると連絡が来て 久しぶりにお互いの近況などを報告し合い、、 まぁ~私の場合は相も変わらずで・・・ 信州へ会いに行く旅費などが捻出できず 日頃のご無沙汰をお許しくださいって感じ。 先輩は私よりも一回り上の年齢で 母上様は自宅近くの高齢者住宅にお住まいの御年95歳。 ホームの方々に茶道を教えるなど、 とてもお元気とのこと。 こーゆー時にかける言葉には常套句があって 「お元気でなりよりですねっ」だよねっ。 しかし、 愚痴をこぼすことに遠慮のいらない ある程度、近しい間柄なら・・・ 普段は心の奥に仕舞ってある一部の本音が 飛び出してきたりして、私は返答に窮してしまう。 「元気すぎて・・・」 「こっちのほうが先に逝ってしまう」って言葉。 先輩の妹さんが十年程前に他界されてから 母親はなんでこんなに元気なんだろうかと つい、思ってしまうらしい・・・ 繊細で、悩みを一人抱え込んで、耐え忍ぶ性格だった妹さんと ストレスとは無縁にも感じられる母上と。。。 一日でも長く生きていて欲しいと願う娘の心と 「そりゃ~長生きするわっ」と思ってしまう人の感情。 この世界がよくなるようにと必死で働いて 子供(納税者)を育てあげたなら 愛されて当然?敬れて当然? そうじゃない人も現実世界にはたくさん存在する。 親に感謝して、親として愛していても どうしようもなく腹立つ時がある。 改めてその人間性に打…

続きを読む