カタログは目の毒だが、ワクワクする旅でもある

これも時代の流れなのか ライバル間の価格競争、顧客獲得、そして拘束のための施策、、 そんな時代から 今では生き残りをかけて共存共栄の道。 ネットプライス画面でAmazonにログインできるとか 独自でネットショップを所有するカード会社から 大手通販サイトのカタログまで送られてくるなんざぁ~ 昔で言えば敵に塩を送るに近い。 AmazonとかZOZOTOWNとかに 束になってかからんと生き残りが難しいやねっ。 そして昨日のスクープは 千趣会が業績悪化で大リストラへ おぉ、千趣会かぁ・・・懐かしいなぁ~ カタログを眺めまわしても、実際にその商品を買うのは 時期を外し在庫処分の流通の不思議・・・ キリンドという衣料スーパーだったけっ。 今やファッション雑誌でさえも 独自の付録こそが釣りエサ?なんだよねっ。 久々に通販のカタログdnosを眺めてみたら・・・ 紙面の中では心躍るような旅ができる。 イメージは膨らむ。 そんなカタログの中の写真 私の目はになって 日々の生活になんらかのヒントをもらった挙句 結局は、Amazonならいくらで売ってるんだ? 価格.comとか、最安値.comではどうなんだろう?と 異なる売り場へと進んで行く。 消費者とは残酷なものだ。 生活がかかってるから責めることも出来ぬ。 まぁ、私の場合はねっ、、 貧乏で培った・・・じっと我慢の鍛錬が出来ていて パタンっとカタログを閉じ、旅を終らせたら …

続きを読む