美味しいチーズが近所でも買える『無垢』

ホテルの最上階、下界パノラマを見下ろしながら グラス(ノンアル)を傾ける・・・ そんな機会も、ないこともない。 そんな場所でテーブルに乗るのは ピーナッツ、ポッキー、なんかじゃなく 世界のチーズの盛り合わせ。 私が初めて口にしたチーズとは 小学校の給食に登場する雪印6Pチーズの三角形が 小さな四角形になったプロセスチーズってやつで 特に好きとか嫌いとかもなく・・・ 大人になり、稼ぐようになり、海外へと出かける度に アイスクリームしかり、ヨーグルトしかり、チーズしかり 外国の乳製品の濃厚さはカルチャーショックだった。 ある日の国際線ビジネスクラスの食後のデザートが 常温に戻したカマンベールチーズとぶどう。 カピカピした表面を指でつまむと 中のトロっとしたチーズがプニュとはみ出してきて 卒倒するほどに美味しくて 「これが、これこそが、チーズとゆーものなり」と。 さて、日本じゃ~、百貨店の地下食料品売り場 お金さえ張り込めば・・・ 美味しいとは限らず・・・で、、 そのうち、数打ちゃ、当たるかも?の賭博。 いつものスーパーで黄色赤色シールが貼ってある 森永乳業のクラフト無垢を買ってみた。 この巡り合いに感謝(通常、1個あたりで70円くらい)。 (月曜10%引きスーパーの定番に) ゆっくり寝坊の休日の朝食は ささやかな、幸せなり。 ポチっと応援いただければ幸いです。 にほんブログ村

続きを読む