蘇る「はいからさんが通る」

知らなかった・・・ 大和和紀画業50周年記念の 劇場版アニメが前後編二部作。 2017年前編 ~紅緒、花の17歳~(CS放送で観て知った) 2018年後編 ~花の東京大ロマン~(今、上映中だとか・・・) その昔、 クラス女子達が、おこずかいを出し合ったりして 月間『りぼん』『マーガレット』の回し読み・・・システム。 その例に完全に漏れていて 少女漫画とは無縁に過ごした私の若かりし頃。 駄菓子菓子、 大和 和紀さんの漫画『はいからさんが通る』に あるキッカケでハマってしまい・・・ 物語も後半の、 主人公の紅緒が勤める新聞社の壁に貼ってある 様々な標語見たさに・・・ 土産持ちには 笑顔で接待 持ってこぬ奴ぁ~ 涙で抗議 しゃぶりつくそう 骨までも 👆こんな標語見たさ(いつも私は人と視点が違う) 何処の誰かはもう、忘れてしまった今なお謎の人物から コミックスを借りて一気読み。 先週の日曜日、 まったくの偶然でCS放送の劇場版アニメ前編を観て、、 当時の白黒、動かない完全2次元グラフィクと、、 視・聴、同時にの動く二次元画面の違いからか 新鮮ちゃ~新鮮なんだけども・・・ やっぱり、あの、、色のついていない平面の中の紅緒のほうが ずっと、ず~と、もっと、もぉ~っと、 奥行のあるキャラクターではなかったかと感じてしまう。 とは言え おぼろげなシーンの再現により 私の頭の中のスクリーンでは 登場人物たちが鮮やかに蘇って…

続きを読む