レモンスカッシュという響き

お茶を飲むとか 大阪特有のナンパ言葉 「ちゃ~、シバかへんけぇ~」とか この「お茶でも」とゆ~、たった4.5文字から 広がる世界は星の数。 昭和生まれで高度成長期に小学生だった私にとって 喫茶店の扉の向こうは摩訶不思議な世界。 年に一度か二度、 よそ行きの一張羅にエナメルの靴を履かされ 百貨店などに連れていかれて 最上階の大食堂でプリンアラモードを 食べさせてもらっても 私には街中にある喫茶店のほうが ずっとずっと魅力的に感じたものだ。 いつの日か 親(保護者)抜きで喫茶店の扉を開けて 淡い黄色の液体の中でブクブクと泡が弾ける レモンスカッシュを飲むんだと・・・ オーダーする時には カッコよく「レスカ」と一言で決めてやると。 今、思えば・・・ 子供っぽい背伸びに なんとも侘しい種明かし。 果汁など一滴だって入っていないシロップを 炭酸水で割っただけの代物。 『レモンスカッシュ』とゆ~言葉の響きも 昔、憧れを抱いたような魅力はすっかり色褪せて ショーケースの中のスパゲッティナポリタンみたいで。 けれども今、檸檬は日本のブランドを背負うまでに。 私は50年以上の時を経て たった一言の「レスカ」と言うだけで、 正真正銘のレモンスカッシュに出会えた。 ココは大阪、逢坂での一期一会に感謝。 ポチっと応援いただければ幸いです。 にほんブログ村

続きを読む