おでん

おでんと言えば 今じゃ~、一番に思い付くのがコンビニ。 安価でお手軽で、自由に選べるオマケ調味料も多種多様の 甘みそあり、しょうが醤油あり、柚子胡椒ありと 客のニーズに対する手厚いサービス。 1個や2個だけでも気兼ねなく買えるから おひとりさまは利用する機会も頻繁になってきて なんだか、特別、美味しいわけでもないけど 決して不味くもない学生食堂的な「この味」って感じ。 この季節のスーパーでは バリエーション豊かな材料が、下ごしらえまでしてあって 料理人監修のダシ汁とともに売られているし・・・ 自宅のキッチンで ひとつずつ、下ごしらえを丁寧にやって じっくりとダシが染み込んでいくまで コトコトと煮込んだりする必要も無くなった感。 昔、心斎橋界隈で会社勤めをしていた頃は 冬になると、、小多福、しる清、たこ梅と 有名どころのおでん屋に通ったりして、、 今考えると・・・一品あたり数百円もする代物(◎_◎;) レモンスカッシュと共に ココ『馬添ふ』で昼食を取ると決めてオーダーしたのは お好み焼き屋さんならではのフルコース。 平均年齢65歳超えの御一行様は お店のご主人のオススメもあって 約3名分のBセット¥4,390(税込)に おでんを食べたいだけ追加するってことに。 おでんの定番、大根、厚揚げ、じゃがいも 雑味など一切ない、とても洗練された味に とても下品な「あぁ~」とか「うぉ~」と、、深い息を吐く。 化学調味料を一切…

続きを読む