と、思ったら、、痛み分けかっ?

昨日のこのブログ・・・ 完璧にキャンペーン期間終了後にブランディア到着のハズ。 なのに・・・ ほんの申し訳程度の査定額をいただきました。 月に一度 玄関先まで回収に来てくれるジモッティな業者さんよりは わずかながらも金額UPだし。 私としては たとえまだまだ現役とは言っても 季節ごとのめんどくせぇー手入れを必要とし、 場所を取るくせに家賃も払ってくれない冬物コート類を 燃えないゴミの日に出す手間を省いてくれて 逆恨みながらも復讐が果たせたってもんだし。 わずかな買取金額は 世界の子供たちへの寄付に回すこともできて 世は満足じゃ~。 このキャンペーン詳細の中にあった文言の 買取りが目的でないと判断した場合には・・・ 直訳すると、、 「てめぇ~、ハナから捨てるつもりで送りやがったなっ!」 みたいなモノを選んではいないし (私だって良識ある大人だっ) 買取不可と判断された場合に 「やっぱり返して」と返却を希望したりしたら また、ブランディアのスタッフは箱詰めする手間とか 宅配便の経費がかかることになる。 喜んで寄付できる程度の査定額をつけるとは 上手いやり方だと思う。 これぞ、手打ちの痛み分け! ポチっと応援いただければ幸いです。 にほんブログ村

続きを読む