持ち寄りのすき焼きに流儀を持ち込む

お歳暮ですき焼き用のお肉を貰ったから (三田屋の肉)私の家でやろう!と言う妹分(+もう一人)。 つまり、、 高級肉、野菜等の買い出し、場所と創る流儀・・・ それぞれを持ち寄ってすき焼きを食べようってことだ。 私ん家のリビングは冬支度も済ませて (あとはクッションカバーを替えればいいだけ) 三人なら十分、寛いで鍋を囲む事ができる。 駄菓子菓ぁ~子、 玄関が無理! 断捨離の道すがら・・・ 処分する家具等を玄関付近に集結させているからだ。 おひとりさまとは、、おひとりさまなので ベストなタイミングで つまり、、 回収日の朝にサッサッと移動なんてできるはずも無く 日数をかけて段階的にやっとココまでたどり着いたのに また、戻すなんてのは嫌だ。 トイレ、洗面所、浴室へは この集積場と化した玄関廊下を通らねばならなず 私や妹分みたいな女性一人が 通り抜ける動線だけしか確保していない現状。 おまけに、、 手入れが大変で南部鉄の鍋も捨てちゃったし。 やっぱり、無理ぃ~ 白ネギだけは私のやり方でカットして すき焼きの“わりした”をこさえて +もう一人のお宅へとお邪魔させていただきました。 今回、場所も副菜も提供してくれた宅のテーブル上には エバラすき焼きのたれが用意されてたんだけど 申し訳ござらぬ 拙者の流儀に反するがゆえ 持参した“わりした”を使わせていただく 最初から最後まで 私の“すき焼き”流儀を貫かせていた…

続きを読む