いつも「死ぬ」と言いながらも

昨日の月曜日は 週に一度の、まだバスが運行している時間帯に事務所を出て 10%引きのスーパーで母親と買い物をする日でございました。 さて、母様のご機嫌は麗しゅうございますでしょうか・・・。 まずまず、、でございまする。 と、また、、どデカい声が聞こえてきたぁ~あ、あ、あ、 父親も遅れて登場! なにも、興奮などしておりませぬ。 これが、、彼ら夫婦の平常時の声であります。 私が、あまり実家へ顔を出したくない理由のひとつ(´ー`)。 そしてこの時とばかりに 母は父のことを、父は母のことを・・・ 報告するとゆ~か、互いが互いの事をチクリまくるのである。 きっと・・・ 団地の低層階に住む両親が窓を開ているだけで もう、彼らに秘密など在りはしないが 立ち話しができる古くからの馴染みのご近所様は みんな、逝ってしまわれた。 数日前、母親が鼻血を出したそうだ。 いつだって「もう死ぬから好きなモノを食べる」とか 旅立ちの日を理由にしてワガママを言いまくるくせに わずかな鼻血だけで、ベソかいてオロオロだったとか。 綿を詰めて「ジィ~としとけ」と 何度、父に言われても 「まだ止まらない」と数秒おきに綿を抜き差ししまくって おまけに鼻をこすりたおしては 「どないしよう」と半泣きだったとか。 確かに・・・ 高齢の母親が何もしていないのに鼻血を出すなんて心配だ。 親父に言わせれば「甘いモノの食いすぎ」と言うが そんなの、理由としては薄弱すぎる…

続きを読む