桑名正博の偽?息子、行脚

「桑名正博の隠し子」と自ら名乗り 日本中を行脚しながらお恵み、施しを受けているとかって話し。 人間、嘘はイカン、イカンよ。君ぃ~。 なんだけど・・・ どうなんでしょうねっ。 日本の長寿番組『なんでも鑑定団』なんかで 本物、良くできた偽物、完全コピー品の白黒をハッキリさせて 金銭的価値を白日の下に晒すまでは とても夢のある、何かしらの支えになっていたハズで ショックは隠せなくとも、また新しいネタの誕生。 骨董市巡りが好きな人の多くは 興味を持った品を手に取った瞬間に幕が開き 売る側がどんな物語を語って聞かせてくれるのか・・・と その口上こそを楽しみに 「この俺(私)を騙してみろっ」的な、、ある種の挑戦であって 値段の交渉が出来栄えの採点ではないだろうか。 ある種のエンターテインメント? 桑名正博の親族にしてみれば許し難い所業の数々も その偽と思われる息子にとっては 手っ取り早い生きる手段になっちゃったってことでしょう。 残念なのは歌が下手くそってこと。 もう、すっかりニュースになっちまって その手は桑名の吐き蛤 になってしまったのだし 笑って許してあげればっ。 けどしかし、、やっぱり、、 セクシャルバイオレットNo1はアカンわっ! せめて哀愁トゥナイトとか? もしも、、歌が上手で月のあかりなんかを熱唱したなら おひねりだって、文句なしにの堂々、貰える。 少なくともココ大阪なら・・・。 ポチっと応援いただければ幸…

続きを読む