紅白にユーミンがやって来たっ!

「平成最後の・・・」 えぇかげんもう、この言葉を聞き飽きて 「はい。はい。えぇ、わかっておりますよぉ~」と 辟易している年の瀬。 いつも、観るとはなしに、、 TVのチャンネルは紅白歌合戦。 たった一人で日本の民を包んでしまうような そんな歌手はもう存在していない。 神様になって天界へ旅立ってしまった。 私が幼い頃には 美空ひばりが他の誰でもない自分のヒット曲を歌いながら カメラに決め顔(ドヤ顔?)視線ひとつ、、送ってみせただけで 「はいっ。紅組の勝ち!」だったけどぉ~。 そして平成最後の大晦日に、なんと、、 ユーミンが出てきたぁ~あ、あ、あ。 荒井由美の曲をひっさげて。。。 感動の涙を流すaikoのカメラターンに 「そりゃ~泣くよなぁ~」とつぶやいてしまう。 姪っ子には少し不思議な光景に映ったようだ。 姪っ子は父親(私の弟)の影響を受けているものの 魔女の宅急便の主題歌・挿入歌として認識しているだけ。 私達の年代にとって 荒井由美とは語りべのようなアーティストで 聞き惚れてしまうような美声や技術を 持っていると思っていなくても 歌詞の中の、その物語には抗えない何かが 存在しているコトを知っている。 シンガソングライターと呼ばれた当時の人達の多くは 荒井由美の出現により 崖っぷちに追い込まれるような危機感を覚えたハズだ。 ソーダ水の中を 貨物船が通る (海をみていた午後・・・より) なぁ~んて・・・歌詞で…

続きを読む