迷い道くねくね

これまでは 『絶対に、この方がイイに決まってるっ!』と 常にベターを念頭に置いて 苦しくとも 『これが正しい事なのだっ!』と やせ我慢して 貧しくとも誇れる生き方を目指してきたつもり。 周囲を慮って正しい事をして来たつもりでも 物事は一向に好転せず 人間をキライになるようなことばかりで・・・ 今は、日常の中にある些細な選択肢にも 疑問を持ってしまう自信消失。 今朝、バス停に向かう道すがら 前を歩いていた私よりも先輩風のご婦人。 とてもセンスの良い着こなしに真っすぐ伸びた姿勢。 けれど ダウンベストの品質表示ラベルが風にハタハタ。 裏表を逆に着てはるわぁ~。 さてっ、、 『もしもし、そこのおネェさんっ』と 声をかけて教えてあげるべきか、、 うんっ? この、、教えてあげる、、ってのは 得手勝手な奢り高ぶりではないかっ。 これまで、 なにも考えずにやって来たコトすらも迷う。 ふと足元に視線を移すと ナイキの黒いスニーカーの左側の靴ヒモが解けている。 これは、、きっと、、危ないよねっ。 左の解けたくつヒモを右足が踏んずけてコケたりしたら? やっと、声を掛ける勇気が湧いた。 そのおネェさんは 本当やねっ。 とても疲れていて気が回らなくて・・・と、言った👀👂。 不運続きは人を疲弊させ、時に卑屈にもさせる。 自分以外の人達が皆、能天気に見えてしまうけど・・・ 決して、そうではないのかも。 事…

続きを読む