一日一善

『善とはなんぞや?』と 立ち止まってしまう昨今(有難迷惑かもしれぬっ) 誰かが、それなりに喜んでくれたのなら それはそれで善なのだと思うしかない。 苦しい中でも 後からやってくる市府民税を最長分割払いにしてもらい 約束通りキッチリと完済したりする善良小市民で なぁ~んも悪い事などしていなくても(記憶に無い) 不運ってものは降りかかってくる。 ゴネ得とか、逃げ得とか、する輩を 心のどこかで羨ましく思ったりもするが 折れるまいぞ。落ちるまいぞ。 心のモチベーションを下げずにいるには 人を喜ばせるのが一番だと信じる(今もなお) しかしながら・・・ 仕事が三ちゃん稼業のルス番おばさんで 宅配のお兄ちゃんぐらいしか接触もなくて 自宅・勤務先・スーパーのはしごの毎日では 善行の機会も少ないっ。 毎日、なにかしら出来る事と言えば バス停で超ローカル巡回バスを待っている スマホを持たない顔なじみさんにとっては 私のバス停への登場が「やっとバスが来る」の 安堵とともに一筋の光であるわけで 雨が降る19日は五等日でもないのに 朝から50分ほどの遅れを引きずっていた巡回バス。 一度も見かけたことがない初老のご婦人はスカート姿。 声をかけようかと迷っているうちに その人が歩き出してしまったので 追いかけて「バスを待っていたのですか?」と聞いてみる。 そのご婦人は待ちくたびれて身体も冷えてきたし 目当ての病院の受付時間に間に合…

続きを読む