油パン...このギトギト感

水曜日の父②便の中にたったひとつ。 自己主張が強すぎる?その名も あんドーナツ(秋田新名物、別名=油パン)。 焼き立てやら揚げたてのパンが いつだって安価で食べることができる都会の片隅。 こ、こ、これは 包装紙の内側までも油でギドギトではないですか! しかも 丹頂チックで髪を撫で付けたような オッサンの頭みたいで ちょっと、、手を出しにくいってのが正直なところ。 暇にまかせたこの大阪で ご当地グルメを発掘してくる父②のこと。 以外に美味しいのだろう。 ってか、、見た目のインパクトと 実際の味わいとのギャップってのが話題として合格ってことかっ。 一口、かじってみると ぎっしりと詰まった中のこしあんに比べて 外側のパン生地がとても薄いから 見た目とは違って油っぽさはあまり感じない。 けれど 外気温の寒い冬に、このべっちょりとした食感ってのはどうも・・・ 『以外にどんどん進むわっ』ってこともなく・・・。 遠い遠い昔のアメリカの、とあるハブ空港にて 初めてシナボンなるモノを目にした時も 京都が誇る銘菓、八ツ橋のニッキの匂いに近い シナモン系の香りが苦手な私はフローズンヨーグルトを。 旅の記念に連れの先輩にシナボンをひとつ買って・・・ 私より一回り上の先輩は たいそうお気に召されたようでしたが。 まさに、、悪魔👿のパン。 日本の平均的女性が必要とする一日の摂取カロリーを たったひとつで賄ってしまうよな罪深き誘惑 甘…

続きを読む