日本人蔑視CMに見るべき意義

アジア人女性蔑視だと物議を醸した ドイツのホームセンター『春の香り』とかゆーCM、 見ました?見てませんか? 私は見なくても どんなCMなのか、なんとなくわかるわっと 思いながら・・・1回だけ再生してみました。 わかっていても ものすご~く気持ち悪くてオエッ~と吐きそうになります。 汗と泥まみれになって働く男性二人 しかもぜんぜんイケてないオッサンで 催促している欲しがる手に アンダーウェアを脱いで渡すんです。 (労働よりも泥と男の汗の匂いにこそ金銭的価値があるかのよう) 次の場面では オフィスビルかと思われる建物内に設えた自動販売機から 黄色人種と呼ばれるアジア人女性が買う。 まるで恋い焦がれたレア物新着を求めるかのように。 (制作側のコメントでは日本人女性を想定しているそうです) そしてその女性はポテチの封を開けるみたいに 袋の中の臭いを嗅いで恍惚とした表情を浮かべる・・・。 現在、このCMは反対する煽動運動や署名運動の勢いが増大し ドイツでは取り下げられましたが、、 他のヨーロッパの国ではまだ放映されていて 全世界の多くの地域からは肯定的な反応だった・・・とか。 このCM放映により 全世界の多くの地域のその肯定的反応によって 判明したコトを私達は知っておくべきだと思う。 もちろん、、 社会で生きる多くの人は常識とかモラルを用いて 頭の中の偏見やら、蔑みやら、妄想やらを隠す努力はしている。 その一方で、、 …

続きを読む

Amazon保証申請で返金

君子危うきに近寄らず 私は君子ではなくて ヤラかしてしまう、おバカだけれど 泣き寝入りってのは好きではない。 先月ココで書いた 製造過程での横流し品なのか 完全なるパチモノか・・・の 一か八かの掛け(横流しならもうけもの)で 結局、見事にヤラれた偽Aeneontrue's のワイドロングパンツ。 高額であろうが少額であろが 姑息な手段を使って客を誘い込んでおいて (商品説明・紹介写真などは本物を完全なるコピペして) 製品説明と全く別のモノを中国から送ってきて 返品したいと申し出てみれば 私達は実際に正しい注文を送りました。 と堂々、言ってのけ(*_*) 意味不明な御託を並べ立てた挙句に 補償として30%の返金をしてください。 (なんで返品する購入者の私?( `ー´)ノ) 最後の締めくくりの言葉が 後で住所をお知らせします。 お返事を待って ご多幸を祈る ・・・いったいドッチやねんっ! 「良い勉強になりました」と 大人対応するべきかとも思うけれど・・・ 助けが来るとは思えない薄暗い路地裏ではなく 世界最大の品揃えを誇るAmazonとゆーフィールド上 Amazonマーケットプレイス保証申請なるものを・・・ お金が戻るor戻らないだけではなく こういった出品者が居る現実をAmazonは知っているだろうけど 実際に購入者が異議申し立てをしないことには 名前に傷がつくような波風を立てるワケもない。 けれど、、さす…

続きを読む

おひとりさまの収納上手は本末転倒

暖かくなったと思ったら また急に冷え込んだりの、、 ウロウロしてしまう衣替え・・・ 黄門様のセリフ 「助さん、格さん。もう、いいでしょう」と 2019年春の衣替え&衣服断捨離の、、雨の日曜日。 世間は声高に『収納!収納』と 100均やら〇印〇品やらニ〇リやらで コレさえ買えば見事にスッキリ!片付いて見違える! などの情報記事で誘惑しまくるけれど・・・ 私は無駄に収納上手で 長年にわたり なにも捨てない溜め込み生活を生きて なぁ~んにも活かしきれていなかった。 だって私はめんどくさがり 明日は何を着ようかなぁ~なんて支度もしない おまけに早起きも苦手中の苦手 朝、弁当の支度が整ったら、残された時間はあとわずか。 洗濯だけをマメにするもんだから 繰り返し着まわしているだけの着た切り雀。 まぁ、オシャレして出かけるようなイベントが 無いってコトも関係しているのだろうけど・・・。 着ない衣服はだんだんと記憶から抜け落ちてゆき タンスやら衣装ケースに詰め込んだままに 先般のビジネス系ジャケット&ボトムスみたいに だらしなく太ってしまった身体は いざという時には、まったく受け付けず(´▽`*)でぇ~ 断捨離の道すがら、大事にとっておいた意味が無い。 まず、圧縮袋をやめた。 知らぬ間に貯まってしまったハンガーも捨てた。 衣装ケースはコンパクトなモノだけを残し なんでも詰め込んでしまえる 大きくてハード衣装ケースこそ捨てる…

続きを読む