見かけで人を判断・・・してしまうもんだ

賃貸住宅管理会社のお局が 未払い給与を家賃で回収するがために 現在の住まいに越して来たのだから 書類の上で他の住民の情報を知る立場にあったし 時に、、 「〇月分の家賃の支払いが遅れます」などの 連絡を受けることで込み入った事情を知ってしまうことや 「長期間未納の水道代金について・・・」と ふてぶてしい住居人、あるいは保証人となっている親族に 勧告連絡を取ることもあったりで 相手は私のことを管理会社の人間とはつゆ知らず 実は会話を交わした事があると、まったく気づかずに 集合ポストのあるエントランスやらエレベーター内にて 「こんにちわ」と愛想よく挨拶を交わしたり。 けれども、、時は過ぎ・・・ 退去もあり、新入居もありで随分と面々は変化したのかな。 この住宅は公園に面した外廊下、各階に5室ずつ。 私はそのど真ん中で エレベーターと反対側に住む隣人は 入室・退室の際に必ず私ん家の前を通らねばならない。 今日、なんで、こんな事を書いているのかというと 具合を悪くして臥せっている間 水分を求めて東向きの外廊下に面したキッチンに立つ度に 足音がしない人影が通り過ぎてゆく しかも私がキッチンに立つ度に何度も、何度も (・・? はて、こんな日中なのに、、隣は何をする人ぞ・・・ ベランダであれば 洗濯物とか植物の水やりとか、ベランダ菜園とか 日中、何度もサッシ窓を開けて 出入りを繰り返すものかもしれないが 外出、帰宅を何度も繰り返す人は何者ぞ…

続きを読む