Amazon保証申請で返金

君子危うきに近寄らず 私は君子ではなくて ヤラかしてしまう、おバカだけれど 泣き寝入りってのは好きではない。 先月ココで書いた 製造過程での横流し品なのか 完全なるパチモノか・・・の 一か八かの掛け(横流しならもうけもの)で 結局、見事にヤラれた偽Aeneontrue's のワイドロングパンツ。 高額であろうが少額であろが 姑息な手段を使って客を誘い込んでおいて (商品説明・紹介写真などは本物を完全なるコピペして) 製品説明と全く別のモノを中国から送ってきて 返品したいと申し出てみれば 私達は実際に正しい注文を送りました。 と堂々、言ってのけ(*_*) 意味不明な御託を並べ立てた挙句に 補償として30%の返金をしてください。 (なんで返品する購入者の私?( `ー´)ノ) 最後の締めくくりの言葉が 後で住所をお知らせします。 お返事を待って ご多幸を祈る ・・・いったいドッチやねんっ! 「良い勉強になりました」と 大人対応するべきかとも思うけれど・・・ 助けが来るとは思えない薄暗い路地裏ではなく 世界最大の品揃えを誇るAmazonとゆーフィールド上 Amazonマーケットプレイス保証申請なるものを・・・ お金が戻るor戻らないだけではなく こういった出品者が居る現実をAmazonは知っているだろうけど 実際に購入者が異議申し立てをしないことには 名前に傷がつくような波風を立てるワケもない。 けれど、、さす…

続きを読む