身勝手

また高齢者が運転する車が事故を起こし 沢山の人を巻き込みながら 一瞬にして母子の命を奪ってしまいました。 加害者となったドライバーは 飲酒していないし、違法薬物も服用していなければ 過失致死。殺意は無い。 私は昼食を取りながら情報番組を見ていて この痛ましい事故を知って 咄嗟に口から出た言葉が 死者を出てしまった交通事故の場合 加害者である運転手は 生きているほうがいいのか 死んでしまったほうがいいのか 特にソレが高齢者の場合は・・・ 知人の意見を聞いてみると 「もしも自分の親だったら同時に死んでくれとは思わない」 と言った。 私なら、もしも、、 私の83歳の父親がこの加害者であれば この悲惨な事故の状況を把握する前に 誰よりも早く、できれば即死状態を願う。 だって、、 この罪の償いなんてどうやったら出来るというのか。 交通刑務所に入れてみても それが、 ただ同じ刻、同じ場所に居ただけの 人の未来、人生を奪ってしまったことの 罰を受けることになるのか・・・と。 一生をかけて罪を償う? そんな時間を持っているとでも? お遍路さんになって 巡礼の旅に出るような健康な足腰が備わっているとでも? どうしたって その罪とその罰は釣り合わないように思う。 私の方が身勝手な考えなのだろう。 きっと・・・ 被害者の立場で考えれば違うのだろうと思う。 この憎い加害者をどうしてくれようと 怒りの矛先があ…

続きを読む