最近の離婚話しは、やっぱりどこかオモシロイ

昨日の夜遅く、いや、今日? なんせ日付が変わった時刻に ストレスまんちくりんの友人からの着電。 一向に改善の兆しがないまま・・・ 「ごめんなっ。愚痴ばっかりで~」と真夜中まで。 いつの間にやら 人の不幸は蜜の味・・・とも、言えない(良い意味で) 共通の知人(私は顔見知り程度)の近況報告。 はて、、さて・・・ 離婚なんて珍しい話しではないし 多くの人が経験していて(人によっては何回も) 不幸の代名詞でもなくなったとはいえ 「ものすごいエネルギーが要った」とか 「修羅場だったわぁ~」とか、聞くけど なんともまぁ、ドライってゆ~か、ビジネスライクで。 熟年離婚に向けて虎視眈々と準備をしている母より先に 玉の輿に乗った娘が一年余りで早々に離婚。 母親のほうは もともと「亭主、元気で留守がイイ」のタイプで 旦那が元気な現役の内に別れとかないと 年齢による衰えが顕著になってからだと みんなから『ひとでなし』って思われるやん? ま、『ひとでなし』の定義によるわなっ。 古い人間の私には・・・ 今この時点で、、そう思ってしまうところがあるけんど。 よ~するに世間体を保ちつつ 今のうちに夫婦共有財産を分与(確保)してもらい 可能性としてこれから大きくなる病気の看護やら 老いの世話などから逃げておくのが得策ってことらしい。 娘さんのほうの理由は不明だけど 昨年、千万単位の豪華結婚式を挙げたばかり。 こちらの方が世間体云々と違う…

続きを読む