イイ歳になってから発達障害と診断されても

大っぴらに連絡を取ることができない同級生の誕生日に たった3文字㊗還暦のLINEを送った。 仕事にありつけて、ちゃんとご飯を食べてて それなりに社会人として充実した日々を送っているのなら 後の事は、一切なにも聞かせてくれるな! (知らなければ口を割れない、嘘をつかずに済む)の・・・ 複雑な環境に居るかつての親友。 けど、、やっぱし、、そうは問屋が卸すはずもなく・・・ どこで止めればいいのか?判断し難いトークへと 発展しちまう(*'▽') ま、当然ちゃ、当然かっ。 軽いジャブ・・・=スタンプ応酬のまま 終わらせたかったけど 取り巻く近況を聞かれて 私は『地獄の三丁目辺り』と答え 当然「何があったん?」と突っ込んでくるから 『笑い話しになるまでは話したくない』と。 さすがに古~い付き合いの仲 「〇〇〇らしいなっ」とアッサリと引き下がってくれたけど その後の彼女の告白がなんとも・・・・ 「ひとり息子が発達障害との診断を受けた」と。 んで、この息子はイイ歳だっ。 (還暦女性の長男だもの・・・) そのイイ歳した男性をその手のドクターの元へ 連れていくって事は・・・どうゆう経路があったのか? なにも問題が無ければ連れて行ったりはしないわけで なにか重大な事をやらかしたってコトだろー?違う? 私を含め多くの友人・知人たちは 「今度は何をやらかしたんだ?」と 過去を知っているために容易に想像ができてしまう。 当時、、私達には到底理…

続きを読む