決めゼリフのつもりのテルマ&ルイーズ

実直で自分の事みたいに他人を心配する友人が 一向に解決しない・・・どころか 目指すゴールからズンズンと離れて行くばかりの問題で 憔悴しきってしまっている。 長い人生・・・生きてりゃ~ねっ 理不尽やら不条理やらの波にのまれて もがくことも、溺れることだってあるさ。 と、、 地獄の三丁目付近でまったく明日が見えない私が 言うのもなんだけれども(*_*)・・・。 私が手伝えることは全部やった。 あとは解決に向けて「歩け」と励ますことぐらい。 だけど、、しかし、、 友人の心はすっかりササクレてしまっていて 少しの刺激だけで破裂しそうな腫れ物のようになった。 学が無いと言えばいいのか、何と言えばいいのか 語彙の少ない別の友人が 慰めの言葉を選び間違ってしまっただけで、、 例えるなら 話し合いの席に着こうともしない敵の状況を 「すべてが真実だけに相手は恐れをなしてる」と 言えばいいモノを・・・ 「言いくるめられそうで怖いんだよ」と 表現を選び間違ってしまうと 「はいっ。君は、もう敵側だっ!」 みたいな顔になる。 いつもなら、、 誤解を生んでしまいそうな言葉を浴びても その奥にある気持ちをちゃんと汲める人間なのに・・・。 このままこの友人の心は汚されていってしまうのか・・・ 失くして欲しくない魂の美しさは・・・どうなるの。 少し前くらいまでに戻せないだろうか・・・と。 頑張っても 頑張っても それでもダメで …

続きを読む