マーフィーの法則 日本人の私の場合

マーフィーの法則をご存知でしょうか? 私の娯楽本・・・ ジャネット・イヴァノビッチが書く 大好きなステファニーシリーズの単行本の中で (扶桑ミステリーの消滅で新シリーズが読めなくなった) マーフィーの法則の一説に触れて 生きた年数分の深ぁ~い溜息とともに 心のど真ん中でバスンっと納得したある一説であります。 落したトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は カーペットの値段に比例する・・・ う~ん。。。なんとも灌漑深いでしょう?違う? 投げたコインで占う時には表か裏か。 二分の一の確率であるはずなのに・・・ 床に敷いているカーペットが高級品であればあるほどに 焼いて乾いた面ではなくて バター(脂)を塗った、しっとりと湿った面こそが カーペットにべっちょりと。。。 安物ならいざ知らず、選りにも選ってぇ~ 大枚をはたき、やっと買った一張羅なのにぃ~ ってコトですわっ(T_T) ユーモラスな表現ではありますが自虐的悲観論。 人生とは得てしてそんなモンだねぇ~。 だから神様はコーヒーを創られたのよ。 これも海外ドラマやら映画などでよく聞くセリフ。 英国人なら紅茶で日本人なら緑茶? さて、、 なんでこんな事を書いているのかって・・・と。 夏の模様替え。 夏らしいブルーのバリエーションに敷物を替えたらば・・・ 「美味しくなぁ~れ」と 辛子と濃口醤油で練りに練った納豆を乗せたお盆を テーブルへと運ぶ途中ひっくり返し…

続きを読む