すき焼き 後ろめたさ 生きるお金

元旦恒例の、、両親に食べさせるすき焼き以降・・・ 自分の身銭を切ってまともな牛肉など買っていない (黄色赤色シールのモノでさえも) せいぜいが、すき家の牛丼どまり。 それだって、、本当の目当ては紅ショウガ('◇')ゞ 夢にも考えていなかったHawaii旅行で 22ドル50セントのディナーブュッフェスタイルで 肉汁したたるミディアムレアーのプライムリブを ウエルダンまでに再焼きしてもらったステーキ級の肉塊に 貰ったヒルトン$を使って食べたリブアイステーキ。 その旅費の、、借金をまだ返せていない身分でありながら、、 祇園祭の京都ですき焼きですわっ。 ええんやろーかぁー? しかし、割り下に味噌を使ったこのすき焼きは 美味しすぎる!そして客単位の個別に炊いてくれるご飯! ふと気が付けば、、親父からの着信履歴。 (ボケ母の㎏単位のカンロ飴消費のサインだと予想・・・) 「祇園祭一色の京都で友達とすき焼き食べてた。  借金している身でありながら贅沢してゴメン!」 親父の思考回路では・・・ 「おぉ~そうかっ。そうかっ。そりゃ~良かった」と。 そういやぁ~、もう、ずいぶんと・・・ タケルの肉(私は超粗挽きハンバーグ)に誘われても もう何か月も同行していない ガストにでも行こか?と誘われても「もったいない」とNO。 せいぜい奢ってもらったのは 旅行前に冷蔵庫をカラにしてからの王将の餃子ぐらいだから 娘のあまりのケチケチぶりが、心配やったんや…

続きを読む