猫舌の反対語がないなんて

私は熱々の料理をフーフーしながら 食べるのが好き。。。特に汁物はっ! 時々オッサンまるだしの、、 ゥアァ~💨と息を大きく吐いてしまいそうになるけど。 ファミレスなんかでお替り自由ではない スタッフによって供されるスープがぬるかったりすると 「ごめんねっ。熱々に温め直してもらえるかなっ?」と リクエストすることも多い。 その中でも特に・・・カレー。 たとえ味が良くても、、ぬるいとゆーだけで不味く感じてしまう。 探せばあるもんで・・・ 熱々のスキレットに盛られるcampのカレーは さしずめ石焼ビビンバのカレーバージョンってかっ。。。 👆でもこのお店、、回転率悪いやろなぁー。 混む時間帯に客の行列が出来たとしても 焦って食べることはとても「無理ぃ~」なのであしからず。。。 それぞれの料理の最適温度とは ある程度、研究されているようだけど 料理とは ソレを口にする人によって感じ方も千差万別なのだ。 「猫舌だから」とか言うだけで あいわかった、、みたいに、、一言で察してもらえるのに対し 私のような 熱々でないと美味しく感じることが出来ない舌のコトを なんと言えばイイ? 表現する言葉は存在しないし、、 そもそも英語には猫舌なんて言葉すら無いらしい・・・ camp(エキマルシェ大阪内)で悶絶熱々のカレーを堪能したら 真向いのお店がおあつらえ向きすぎるぅ~ (パイナップルとベリー系の2種盛り) 乾燥フルーツを使用したジェラード…

続きを読む