字が書けてしまうトイレットペーパー

旅行先の海外の至る所で 日本人がいかにちんまい(身体的に)ものか、、と 思い知らされる。 まずは食い物の一人前の量。 まぁ、これは 同伴者やグループで料理をシェアしたり お持ち帰り(ドギーバック)するとか 遣り繰りは可能だけど、、トイレ。。。 なんでこんな事を急に言い出すのか・・・てーとー 増税前のささやかな抵抗・・・『買いだめ』まではゆかない ちょいとばかしのストック程度やけど。 そしてまた、いつもの、、私の定番は廃盤の命(サダメ)。 私が「コレ!」と決めたモノほど廃れていく 3倍巻きで長持ちする(?)LOHACOオリジナル LOHACOオリジナルのくせに・・・もう無い。 しょうがなく、今回、買ったのも3倍巻きの このトイレットペーパーの硬いこと(;´・ω・) 足が地面に届かない高さで なかなかリキむ(?)のが難しい 海外ホテルのトイレにあるトイレットペーパーは 一般的な日本のモノと同じぐらいのサイズだし その質感はとても柔らかいけれど、、 ショッピングモールなどの商業施設内のトイレでは 「消防用ホースかよっ」と思うほどにデカいのが 壁面に平行するように取り付けられていて その質感は、、十分に、、字が書けてしまうほどに硬い。 んで、今回、買ったモノに実際にボールペンで すんなりとは書けないが、読める程度には書けてしまう。 別の見方をすれば 映画やTVドラマのような万が一の状態に陥った場合に SOSを書き記し、助け…

続きを読む

パワハラに勝る発達障害もあると思う

私、日本の国技である相撲を鑑賞したいと 思ったこと・・・一度だってない。 髷に着物姿のお相撲さんじゃなくて ほぼ裸同然の肉 対 肉 がぶつかり合う姿を どうしても美しいと思えないからであります。 しかし、、 師弟関係という言葉を聞いて 真っ先に思い浮かべるのは相撲世界の縦社会。 好きでもなんでもなくとも 勝手にニュースで流れてくる 貴ノ富士関の後輩への暴行は 昔の私のある経験と、最近大切な友達に起こった事柄を どうしても思い起こさせてしまうのであります。 あまりに得手勝手な想像だけど・・・ 発達障害を抱えたまま成長してしまった成人。 五体満足で外見だけでは見えてはこない、、ある欠如。 普通ならソレは成長の痛みと共に養えるハズのモノ。 専門医から診断を受けても外科手術では治療不可能で 長期にわたるカウンセリングも本人の自意識無しには 功を奏さないモノのようであります。 「暴力は絶対に駄目」そりゃそうだ。断固反対。 けどもしも、もしも、、 リスクを背負う責任のある立場から 教えても、教えても、、 信じても、信じても、、 すがるほどに懇願を繰り返しても、、 失敗から学んでゆくような様子を見せながら 結局、何度も同じことを繰り返して 「自分でも何故だかわかりません」と涙するような後輩が居るとしたら? そのやるせない感情にどう対処すればいいのでしょう? この問題の加害者とされる貴ノ富士関だって 若干二十歳そこそこで 競技…

続きを読む

まんまと…ぬか喜び。

増税前のキャンペーン幾多・・・ 数々のキャンペーン内容について熟読しても 私には、ほぼ無意味 なんだけれども、、 急に両親が「アレを探せ」だの「アレを注文しとけ」だのと、、 「あの時、やっておけばよかった」と思うこともあったりすので まずは、なんでんかんでんエントリー。 その片っ端から記憶から抜け落ちてゆくのに・・・ 👇その中のひとつから以下のメールが届いて ラッキィー 今月末までに使わないとソンだし~と サイトの中を物色していたら 自宅からそう遠くないステーキハウスのランチを発見! 購入ボタンを押す前に・・・ 自動値引きになるポイントが反映されていないし、、 よりお得になるプロモコードを入力しても・・・ 一枚分(5%引き×1枚分=60円)しか反映されず。。。 素朴な質問としてカスタマーサービスをクリックすると 今や、、チャット式対応でタイムラグ無し。 還暦おんなは「そんな時代なんだねぇ~」と。 つまり、エントリーだけで 獲得までの条件を満たしていないカスタマーにまで 間違いメールを送信しちゃった人為的ミスらしい。 たぶん・・・ ヌカ喜びさせてしまったコトの お詫びメールが届いていたハズが、、私は無視したのねん。 そしてもうひとつ 二人分のランチクーポンを買うために お約束のプロモコードを入力しても 割引金額が2倍にならないのはなんでや?について これは・・・ちょいとばかし、、罠に近い気がする。 私のケチ根性はちゃんと見…

続きを読む