字が書けてしまうトイレットペーパー

旅行先の海外の至る所で 日本人がいかにちんまい(身体的に)ものか、、と 思い知らされる。 まずは食い物の一人前の量。 まぁ、これは 同伴者やグループで料理をシェアしたり お持ち帰り(ドギーバック)するとか 遣り繰りは可能だけど、、トイレ。。。 なんでこんな事を急に言い出すのか・・・てーとー 増税前のささやかな抵抗・・・『買いだめ』まではゆかない ちょいとばかしのストック程度やけど。 そしてまた、いつもの、、私の定番は廃盤の命(サダメ)。 私が「コレ!」と決めたモノほど廃れていく 3倍巻きで長持ちする(?)LOHACOオリジナル LOHACOオリジナルのくせに・・・もう無い。 しょうがなく、今回、買ったのも3倍巻きの このトイレットペーパーの硬いこと(;´・ω・) 足が地面に届かない高さで なかなかリキむ(?)のが難しい 海外ホテルのトイレにあるトイレットペーパーは 一般的な日本のモノと同じぐらいのサイズだし その質感はとても柔らかいけれど、、 ショッピングモールなどの商業施設内のトイレでは 「消防用ホースかよっ」と思うほどにデカいのが 壁面に平行するように取り付けられていて その質感は、、十分に、、字が書けてしまうほどに硬い。 んで、今回、買ったモノに実際にボールペンで すんなりとは書けないが、読める程度には書けてしまう。 別の見方をすれば 映画やTVドラマのような万が一の状態に陥った場合に SOSを書き記し、助け…

続きを読む