ひとりっ子の闇と理屈

・・・つづき・・・ 既読スルーの後、「ソレはやめて」👉「わかりました」と 言ったくせに、、その後は既読にすらならなくて 電話を掛けてもまるで無視の後輩(男子)の 現在、置かれている苦しき状況を聞きながら・・・ その状況はとてもよく理解できる ってか、、よくある話しの職場あるあるなワケですなっ。 人は、、「何が正しい事であるか」を考えあぐねるものだけど そうじゃない人も大勢いるワケで・・・ 『自分ならこう思うし、こう考える』の、、 その正反対をまっしぐらな人だって当然いるワケで 関わり合いのない人として噂話の登場人物ならいいけど 職場の中のもっとも近い存在でチームとして職務を追行し 利益を生まなきゃいけないようなパートナーなら そりゃ~しんどいわっ。 最初のうちは戸惑い半分で 「自分さえ我慢すれば」と頑張ってはみるけれど 我慢は我慢。すぐに限界がやって来る。 はやく逃げたいと思うようになっても 他に行くところ(他で稼ぐ場所)も無いとなると、、 ますます、深い闇に落ちてゆくばかりで・・・それも解る。 そんな彼の自ら治癒力を高める方法が問題。 突っ込んで聞いてみると・・・ 闇に落ち、泣きっ面を先輩と慕う人に見せるのは 大変、失礼な事でしょ?と言った。 (;´・ω・)へっ?そうなの? そんなんでいいのか? 心配する私の問いかけに無反応の方が失礼じゃ~なかろうか? と、、私は思うけどぉ~。なっ。 そして「一人っ子だったから・・・」…

続きを読む