とどのつまり、、なんでもお金

奇跡をも操るようなジーニーの住処である魔法のランプは無い。 それを知っているから 人は出来る努力をなんだってしようとするわけで、、 長いあいだ心の支えであり続けた小さな命を看取り見送る時でも 覚悟とは別にあらん限り抵抗するものだ。 遠くに住んでいることで 元気だった頃の姿のままの記憶しかない私は無責任にも 「もう、静かに見送ってあげよう」と言った。 けれど、、親友は、、 目の前の現実を直視できず(受け入れられず)に 「自分に出来ることは何か?」を探し続ける。 もっと栄養を与えてあげれば少しは元気になるかもしれない。 水しか飲めない状態だから弱っているだけ。 なにもかも足りていない(睡眠も)苦しき現状の中にいて アレがあれば、、コレがあれば、、を繰り返して もんどりを打っているように思う。 わかった。私がすぐに注文して送ってあげるから なんたって私はAmazonのプライム会員で送料無料なんだから。 注文確定のクリックの前に配達日を見て悟った。 絶対に間に合わないと・・・ それほどの距離がある場所。 それだから、、 「少しのあいだだけでも羽を休めにコッチにおいで」と言えない。 格安の夜行バスが通っている場所じゃない。 チマチマとWAONで貯めるマイルだって家族以外には使えない。 なんとか力になりたいと願っても 私にもお金が無いっ。で、、終わり。かよっ。 そしてまた、お馴染みのセリフ『なんにもできなくてごめん』 こんな時…

続きを読む