母娘と人形。還暦になった今になって

私の母親は決してケチではない。 「値打あり」と判断したらポンッとお金を出してくれる 山之内一豊の妻っぽい部分があるけれど、、 子の気持ちを汲んでお小遣いをくれるとか 道の途中で足を止めて一緒に眺めてくれるような人ではなく・・・ 子供の頃は ゴネるのが大の得意だった弟とは差を付けられていて ぬいぐるみを買ってもらったのはただの一度っきり。 日本に初めてパンダ(リンリンとカンカン)がやって来た時の どこもかしこもパンダだらけの時。 私はパンダに興味は無かったけれど(やっぱ変人です) 初めて母親が買ってくれるとゆー事に驚いて 素直に買ってもらった。 『ソッチじゃなくてコッチの方がイイ』などと言えばまた 「値打無し!」と判断され却下されてしまう。 まっ、ものごごろついた時から 周りの女子達とはいつも違うところを見ているような女子で・・・ 放課後に誘われて リカちゃん一家+ケンちゃん人形等で遊んだりもしたけど 他に行くところもないから 誘ってくれる友達に従っていただけのこと。 ただ、欲しいモノを親から買ってもらえる友達は羨ましかったかなー。 高校生になって友達と雑貨屋に行っても 私ひとり、なんかズレていて適当に合わせたりもしたけど 心はいつも満足していなくて 知ってか知らずか・・・ いつもつるんでいた親友のおばぁちゃんからのサプライズ! キティちゃんの幼稚園バックを私にも買ってくれていて バックそのものじゃ~なく、その心遣いが心底、嬉し…

続きを読む