給料明細は把握すべし

長年、一つの会社に勤めていると、他社・他人の給料明細を見る機会はない。
旦那とかせいぜい、親くらい?
たぶん自分が産んだ子供だって、アルバイトならいざ知らず
人に見られたくないモノの最高順位に属するものではないだろうか。

私の場合、月給制というヤツで。何時間残業しようが徹夜しようが定額だった。
時間給に換算してみれば経験の浅いパートさんを下回る程に。
だがしかし、
遅刻3回で1日休日扱いとか、2日以上休むと皆勤賞手当が飛ぶとか
就業規則も設けていないわりにペナルティーだけがちゃんとある。
そんなこんなで給料明細なんか見なかった。
だから差し引かれた雇用保険料が示すランクを認知してなかった。
あぁ~。私って、ほんとにバカ。

失業保険には残業手当、ボーナス等がキチンと繁栄される。
経営が芳しくない会社で危機感を感じている人で
勤務形態などがシステム化されていない(なんぼでも誤魔化せる)
ような会社の従業員の方は
“まさか”に備えて給与明細は大事にとって置き、
勤務状況などの日記(メモ綴り程度でも)は付けておくべき。


この記事へのコメント