低体温症でした

昨日の体調不良は低体温によるものと思われる。
布団に入って眠る前に体温を計ったら35℃。何度計っても同じ。
この体温計壊れてる?朝、起きてもう一度、計ってみれば解るかも?とそのまま寝る。
で、今朝は36℃だったので大丈夫かと。
この記事を書く前に“オムロンの女性のカラダ基礎知識”で一応調べてみた。
人間の身体は本来、常に36度~37度くらいを保てるようになっていて35度は低体温。
改善方法は運動するとか、身体を温める入浴や食事とある。
ほとんど毎日、歩いてる。ショウガが大好きでその日も食べた。
入浴?…さすがに朝から風呂にはつからなかったが、この症状の時には
熱めのシャワーを背中にあててしばらくすると良くなるのに昨日はダメだった。
んで・・・
『代謝に関係するホルモンの中で「甲状腺ホルモン」が足りなくなると、
 低体温になることがあります』
悪夢再び?かも?まぁ、とりあえず気にしないでおこう。

数年前に同じ症状“頭が重い(特に後頭部から首付近)”“背中が痛い”などで
バッファリンを午前中に飲んで、夜も飲んで、コーヒー飲んだら
両手の平が急に熱くなってみるみるうちに膨らんできた。
指輪が指に食い込んで外れない、痛い!顔も赤く膨らんできた。
あっというまに“ゴーストバスターズのマシュマロマン”みたいになって
持ってる診察券(大学病院・済生会)を頼りに電話しても、皮膚科の当直がいないと
いう理由で断られ、ようやくキリスト教病院で受け入れてくれる返事をもらった。
立ち上がってコートを羽織ろうとして、そのまま倒れた。
幸いなことにまだ会社にいたから無事に発見されて救急車で運ばれ
救急車の中で意識を取り戻し、身体の膨らみも少し治まってきて
今度は寒さに震える。病院の簡易ベッドで何度、体温を計っても34℃。
アナフィラキシーショック。去年、叶美香さんがやったヤツ。
直接的原因は不明。体調不良に何がキッカケとなって起こるのかは解らない。
でも、有名人がなると世間に“こんな事があるんだよ”
知れ渡るのは良いことだと思う。

んで、医者が言うには36時間、監視する必要があるとのことなのに一人暮らし。
翌日、いつも通りに出勤したら会社の同僚は『唖然』。
会社なら万が一の場合は誰かが見つけてくれるから。

私と同じ歯医者恐怖症の知人も鎮痛剤の飲み過ぎで同じくアナフィラキシーショックを
起こして、彼女は舌が膨らんだから窒息の一歩手前。死んでいたかもしれない。
このコトがキッカケで阪大歯科へちゃんと通うようになった。
彼女に阪大歯科を推薦した私が、ず~とサボってます。ごめん。


この記事へのコメント