備えか?悪あがきか?

ステージ.JPG

憂鬱な月末であります。
この写真のような無の境地みたいになりたいもんです。
「矢でも鉄砲でも持ってこいやぁ~」と開き直ることもできず。
乗った電車の中で走ってみても何も変わらないがごとく・・・。

アメリカではスマホ型拳銃というのが発売される予定だとか。
銃は2連式の38口径で、価格は395ドル(約4万4,800円)。
来月、入学式で着る高校生の制服が約40,000~60,000円。

護身用とすれば1回の動作で安全装置が外れる便利さ(すぐに使える)、
ロックをかけた状態では、見た目がスマートフォンだから日常に簡単に溶け込み
ポケットに入る薄さ。
アメリカの憲法で保障されているのは銃を所持すること。
ただし、それは自分の家の中での話で持ち歩いたりする等の「携行」は一部の職業だけ。
所持携帯は厳しいハズなのに、なんでスマホ型なん?
不法所持の横行や値段が値段だけに闇取引が増えるだけとちゃうやろか?

今年のクリスマスに向けてサンタさんに“おねだり”する子供がいるかも?
友達に自慢したくて学校に持ち込んだりするかも?
モノモノしい姿なら怖がる子供や女性だって、この優しい姿でありながら
スゴイ威力を持った“強い味方”に映ってしまったら?
ブラジルでは買えない人向けのピストルのレンタル業も大繁盛しているとか。


この記事へのコメント