リアルに蘇生を見たら

今朝の出勤時、事務所の真ん前に救急車が2台も停まってた。
ちょうど、救命士が担架の準備をしているところ。
まさかっ!やさしい大家さん夫妻?じゃありませんように・・・。

歩道に背広を着た痩せ型の男性が倒れていて3人の救命士によって蘇生術を受けている。
生命が消えようとしている。すごく怖い。
息をして、鼓動を打ってと、必死の救命士の人たち。

まさに生命と戦っている横を通り抜けないと事務所には入れない。
邪魔にならないように通りを渡って大回りして速やかに事務所へと入った。

無事に救急車に乗せられて運ばれて行った後のほうが人だかり。
パトカーがやってきてお巡りさんもたくさん。近隣住民に事情を聴いているみたい。
私が到着したころはヤジ馬もいなかったと思う。

携帯で動画を撮るとか写真を撮るなどの気はサラサラ起らなかった。
邪魔にならないよう・・・それしか頭の中になかった。
直視する勇気がなかった。







この記事へのコメント