Tip(チップ)事情

今回のHawaii滞在では妹分も頑張りましたぁ~!(^^)!
以前、タクシーの運転手にハウマッチ・チップと尋ねるルール違反に
結局、踏み倒してしまう失態。

来年はその妹が友人達を引率することになっているので(私は手配のお手伝いを)
学ぼう、そして実践しよう・・・の意気込み。

最近はテーブル席でのビルに👇のようなチップの目安が記されている
チップの目安.jpg
合計37ドルを渡して『keep the change』(つり銭はとっておいて)と。
親切と言えば親切・・・しかしながら東洋人の郷に入っては郷に従え
なかなか実践できないことへの苦肉の策ともいえる。


ホテル宿泊なら毎日、ベッドメイキングとして枕元にチップを置くでしょっ。
コンドミニアムの場合は毎日ではなく滞在日数によって違うけれど週に2回程度かなっ。
丁度、中日(なかび)あたりのクリーニングの際に
一言のメッセージを添えてダイニングテーブル辺りにチップを置く様にしている。

チェクアウトの時には、また違うメッセージと共に。
妹はそのメッセージを写メに納めている(なかなか良い心がけではないか・・・)

そして迎えた中日(なかび)の日。
トラベルアメニティ.jpg
👆自分の持ち込み(シャンプー・コンデショナー・ボディソープ)を使うから
未使用状態のまま
なのに・・・👇ぎょうさん追加で置いてくれている
追加されたトラベルアメニティ.jpg
Peter Thomas Rothの製品は日本で買う(並行輸入)と高いっ!
キッチンのコーヒーに至っては6袋(1袋で6杯~10杯程度)も追加してくれてる!
これはきっと・・・メッセージへの返事であると思いたい。
これで立派なバラマキ土産の出来上がり!

現地でツアー会社を経営するパイナップル・ツアーズ・ハワイのHPでも
以前は
チップにつきましては、アメリカの風習として
ご満足度にあわせてチャーター終了後、ご検討いただけると
(中略)
相場などにつきまして、ご相談はいつでもお受けできます。
当社のドライバーもなるべくご満足いただけるようにいつでも努めております。

だったのが・・・・
予約チャーターの明確な金額表記のうしろにチップ(相場は〇〇ドルです)
・・・と、文面がすっかり、変わってしまってる

それとなくそのワケを聞いてみたら・・・
気付いてもらうための文面もある意味、親切なのかもしれないとゆ~のがひとつ。
5人のお客さんを8時間、誠心誠意ご案内して感謝の言葉を頂戴したのに
チップが5ドルだった(ホテルベルボーイの荷物ひとつでも最低1ドル)こともあり
ドライバーの仕事への情熱を失くしてしまう事が心配だと・・・。
これぞ、苦しき事情なり。
励みになります。ポチっと応援を…いただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント