おみやげ...オーバヘッドコンンパートメントに隙間はあるか?

中国の方々が我が国、日本での爆買いの跡(残骸)・・・
をどうこう言うつもりはございません・・・。
私達の国の航空会社の帰国便のオーバーヘッドコンパートメントがどんな状態なのか・・・
ご存じですよねっ。
少々、マナーに対する心構えは違えども、先に座席についた方の荷物で既に占領されていて
機内持ち込み荷物の入る隙間が無い!・・・なんてことがよくあります。

ここで“譲り合いの精神”を示さなければ!と思ってみたところで
もともと限られたスペースしかない機内。

お土産荷物が増えることを想定しボストンバッグ等を用意していたり
現地でなにかしらのバッグ類を買って対応したり・・・したけども
『置く場所がねぇ~じゃねぇ~かっ!』ってねっ。

スーツケース以外はハードなものを避けてソフト系のモノがお勧め。
つまり内容量に合わせて形を変えるナイロン系の製品・・・
往路のスーツケースの中では、チンマリと収まって重たくもなく
現地でのお買い物ではそれなりに活躍し、
帰路では増えた様々なお土産製品をスッポリと包み込む・・・
(或いは・・・ハード系にお土産を、ソフト系には着替えの着衣などを)

私の場合はバックパックを👇丈夫な自前ゴミ袋に包んで預けます
今回使用したバックパック.jpg
まさか・・・ビジネスクラス対応の荷札が貼られてしまうなんぞ
思ってもみなかったけど・・・(コッ恥ずかすぅい~)。
例えば、こんなんでも👇相当な量が入るのに・・・畳んでしまえばコンパクトでメッチャ軽い。
土産用バックパック.jpg

昔、流行したグッチとかディオールなどのジャガード織りのボストンバッグなどを預ける際に
汚れないようにと・・・流石の日本航空のサービスだった透明ビニール袋や

雨が降る日のブディックのお買い物紙袋にナイロン袋を掛けてくれたりするでしょっ?
あのサービスを真似て、いつも自前でコレをやって預けてしまう。

その昔、ハワイアンキルトさえもゴミ袋に入れてガムテープでグルグル巻き!
『あっ・・・こうみえて1,600ドルですっ!』なぁ~んてギャグを飛ばしたり。

前回の記事で紹介したマカデミアナッツ袋入り大・小合わせて10袋以上
バナナ、パイナップル味のチョコ袋入りが4袋、砂糖も3袋
そして👇私用のお土産(やっぱり・・・消耗品(^_^;))
私用のみやげ.jpg

こんな形もバラバラな雑多なモノをハードケースに詰めるのは大変!
バックパックの良さは上部面積に比べて、底面積が広く
コマ付きハードスーツケースの上に載せてもしっかりと安定してくれる。
外部のポケットには予め自前90ℓ丈夫ゴミ袋とか航空会社の無料タグを忍ばせておける。
ナイロン製のバックパック(&ゴミ袋)は私の旅の心強い助人なのである。

まぁねっ。コンパクトにキッチリ収まりながらも重いのは重い(だから預けてしまうのよ)。
しかし、宿→発空港→着空港→リムジンバス→TAXI→我が家までの徒歩数はほんのわずか
ここは交通費をケチらずに徒歩数をケチるためのコースを考えるのも大事なコト。
励みになります。ポチっと応援を…いただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント

  • collon

    旅慣れないわたしには
    ほんと勉強になります_φ(・_・
    2017年05月30日 09:46
  • れふあ

    collonさん

    案外、ほんのチョットしたことなんですけどねっ。
    ほんの些細な事柄ひとつで摩擦が起きてしまったりするし
    機内に大量に荷物を持ち込む席近の人にムカついた気分のまま
    ってのは・・・
    特に楽しいバカンスが終わってガッカリしている時には。

    イライラを解消してくれるアイテムって
    案外、ありふれた地味なモノだったりします。
    少しの気付きが旅をスマートにしてくれる。
    2017年05月30日 10:33