ワイキキホテル探しはノスタルジー

いきなりの慰安旅行宣言で
いつものようにゆっくりと狙いを定め
ズバッと射貫く
ような準備が出来ず・・・

エアー代も高額(私としてはだけど・・・)。
きっと・・・激安ツアーの方が確実で旅費としては低予算。
しかしながら
男二人と女(一応、私)の3人旅だと
ホテルは「寝るだけの場所」と覚悟を決めても
2部屋の内のひとつに一人部屋追加代金を支払わねばならず
現地での生活費も嵩むばかり・・・
そして、今年5月の
カハラWhole Foods Marketレジで固まる。。。
http://corallehua.seesaa.net/article/450148489.html?1505269387
👆の再現を幾度も経験することになるだろう。

そんなジレンマと闘いながら、今・・・
毎日のように本日のタイムセールみたいな宿を探すうちに
渡ハ歴、約40年の過去の滞在ホテルを思い返す結果となって
滞在者の口コミ(日本語だけ・・・)を読んでは
「そうやった」「あるある」「やっぱしかっ」と
たえず独り言を。

例えば、私の卒業旅行。
アメリカ本土から帰国する前にHawaiiに寄って・・・
ワイキキの東の端、カピオラニ公園の横、動物園にも近い
ワイキキグランドホテル(70ドルぐらいしか払ってない)
👆名前こそ立派やけどぉ・・・ホテルのようでホテルではない。
(私の予想で確かめたわけじゃない)
この最高の立地条件を活かした収益物件のようなもの?
分譲マンションみたいに各部屋ごとに持ち主(オーナー)が居て
どの部屋に当たるか、とゆ~よりは
どのオーナーが所有する部屋に導かれていくのか、だと思う。

ある程度、裕福で綺麗好きでプライドのあるオーナーの部屋か
それなりの収益さえあれば後はほったらかし的なオーナーの部屋か

世界有数のホテル業が運営するならいざしらず・・・
管理組合的な組織に管理人みたいに雇われたようなホテルスタッフ達が
ワイキキのホテルで働く誇りなぞは・・・持ってるか?

「部屋は掃除をしてなくて、虫の死骸が」
「前の客の〇〇が残ったまま、アメニティーは使いさし」
「動いているのが不思議なくらいの古いエアコン音が・・・」
Hawaiiを夢の国のように思う観光客にとってみれば
まるで、災難にあったかのよう。

一方で
人生のひととき、生活の一部のようにHawaiiを感じている利用者は
良い点と悪い点の間に
自分なりの納得度を見つけている。

んで、まだまだ宿探しは続く・・・
私としてはココがイイんだけどなぁ~
とあるホテルの一室.jpg
557㎡の広さ(分譲マンション6戸分)で定員が4人
キングサイズのベッド1台とソファベッド1台だけ
どんな空間?
だだっ広い空間の中にベッドがポツンっ!
たぶん・・・55と7の間の点が抜けてるだけやろー

励みになります。ポチっと応援を…いただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント