長い一日。花見のあとの悟り。

平成2018年3月28日水曜日
親父は飲み仲間(食べ仲間)達とお花見
無職の頃の2014年だったか2015年だったかの春
お弁当を作って母親と花見をした事を思い出す。
「もうちょっとココに居てもええかっ」
「もうちょっと、もうちょっと・・・」

何度も時間を引き延ばしたあの時の母。

今日は阪大歯科の予約日。
顎骨骨髄炎も看てもらう為に仕事を休んだし
出発ギリギリまで、お弁当のおかずを作って
12:00のバスに乗る。
クシャミ連発。。。歯科診療台で鼻水ズルズルは困るなぁ~。
JR千里丘から茨木駅へ。そしてまたバス
道は渋滞していて予約時間ギリギリの到着。

やっぱり・・・
予定の治療は据え置きで顎骨骨髄炎の治療に。
初対面の医者は小難しそうな中年の先生で
『右下の奥歯は麻酔がなかなか効かない』と言ったのに
無視状態でゴリゴリガリガリ
「痛いっ」
もう恐怖症を通り越してド頭に来たことが
逆に良かったとは思うけどねっ。

夕方までには帰って来れるハズだったのに・・・
自宅に戻ったらもう夕暮れ時。
夕暮れの月.jpg

『おにぎりを買って来たから桜の下で食べよう』と
おにぎり屋さん.jpg
実家に連絡を入れ
朝から作っておいたおかずをお弁当箱に詰める。

自宅前の公園で花見のセットを整えて
お弁当と買って来たおにぎり.jpg
両親の到着を待つ。

やってきた母の第一声は
「暗いから家の中で食べよう」だって。
娘の心、母知らず
桜を観ようともしない。
夕暮れ桜.jpg

挙句の果てのお開きの際には
持参した紙コップをゴミ箱すら探そうとせず
この場所で“ポイ捨て”するつもりなんだねっ
足で蹴とばし続けて隅へと追いやる行為。

もうダメだ。。。
今の母の中のどこを探しても
口に運ぶ甘いモノのことしか入っていく引出ししかないんだ。

とても、とても厳しい世の中だけれど
この美しい世界に楽しみひとつ見つけられないのなら
もうすぐやってくるお別れの日も
そんなに辛くはないのかも?と思ってしまったよ。

励みになります。
ポチっと応援をいただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事へのコメント