その絶望、絶望的すぎる

休みの日曜日、上体を起こしていると
鼻水が出っ放しになるので
横になったまま
スマホでニュースなんかを観ていたら
台湾のイベント会場にて切腹騒ぎを起こした日本人男性は
御年、48歳。
切った腹の傷の深さ3㎜。
何故、そんな事をしたのかっ
心のよりどころとして欠かさず見ていた
ネットアイドルがライブ配信を辞めたから・・・


いつも笑ってはいけないところで笑ってしまう私だけど
笑えなかった。
この記事に寄せられる読者からのコメントも
「たった3㎜?」みたいな・・・ことばかり。

確かに、、
日々、自分のやるべきことを熟し
堅実に生活を送っている私達からみれば
アホなオッサンのアホ過ぎる行いにしか映らない。

しかし、、
この男性の器の中にはソレしかなかったワケで
筒一杯の喜びが好きなアイドルの配信映像で
そのアイドルが飛躍するために下した
ひとつの決断(ショーガールになるんだとか…)は
その男性にとって筒一杯に溢れ出る悲しみと絶望。
私からすると絶望的なその絶望

言葉の通じない場所まで飛行機に乗って
説得するために会いに行く行動力があるわけだから
自分が歩く世界を広げることだって可能なのに・・・

この騒ぎの後に帰国したその男性に
心地よく暮らせる場所があるとは思えないし。

きっと、その男性の周りに居る人は
『アイツならやりかねない』とか
『オタクの自業自得』って言うのかもしれない。
住む世界をどんどん狭くしてしまう人の原因って
本当に自業自得なんだろうか・・・。

励みになります。
ポチっと応援をいただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事へのコメント