ドラマを観るのを楽しみに家路を急ぐ
こんな事・・・
中学生以来。

キィーハンターの再放送時間に合わせて
クラブ活動も辞めて
お小遣いが許す限り、コカ・コーラを買い
小さくて四角かったTV(19インチ?)の前に
陣取ったものだ。
母はその時間、パートに出ていて私だけの天国。

あれ以来
私の琴線に深~く触れてくるような
邦画、つまり日本のお茶の間的番組は
残念ながら出現せず
強いて言うなら・・・
BS放送に下りて来てからの日曜劇場のJIN-仁
CS放送で観るアニメ銀魂

一時期はNHKで再放送される冬ソナとか
韓国歴史ドラマにも・・・。
だけどNHKの放送でなければ観たかどうかも疑問だし
長編については活字で追いかけるのは頭がついて行かず
TV番組のほうがお手軽な娯楽で
遠巻きに人間観察として観ていた感。

そして今
木曜日になると私がロスになってしまうドラマは
たった12話で完結してしまう韓国のドラマ。
(月曜から水曜日の週3日連続放送)
現地での平均視聴率は5%程だったらしくヒット作ってわけでもない。

なのに、、なんでこんなに楽しいのか・・・私。
子供の頃のキィーハンターの組織、
国際警察の一員として
野際陽子さん演じる姉御の陰に張り付くがごとく
自分自身が完璧なまでに入り込んでいたみたいに。

この人が私の姉さんならどんなにイイだろうとか
隣人だったら?とか
久しぶりに再会した同窓生と今度は親友になれるとか
「じゃ~ねっ」と手を振って別れてからも
家に着いた途端にまだ電話してしまうような
そんな出演者のキャラクター。

先述の通り
視聴率5%程度じゃ続編は制作されないだろう。残念。
また、しつこく再放送を追いかけるだろうなぁ~。

励みになります。
ポチっと応援をいただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。