種銭(たねせん)

お金はとても寂しがりやさんで
より多くの仲間が集うところへと寄って行ってしまう
そんな性質があるとか。

つまり、、
シケた場所からはサッサと去って行ってしまう
薄情者ってことですかねっ。

別の言い方では
金は天下の回りモノ
流れ流れの旅の途中、
追いすがってはいけない。足蹴にされてしまう。
そんなヤクザな性格。

「いつまでもココにいてねっ。」
「私が寂しくないように・・・」

そんななんて持ち合わせておらず
気持ちや心なんかでは
到底、引き留めることなど出来ない。

よろしい。
経済の環状線に乗り続けるチケットを持っている者だけが
お金とのコネクションが続くって言いたいんだねっ。
まるで
持っていないヤツは「おととい、来やがれぇ~」ってかっ。

引きこもっていた頃に観たTVショッピング。
Dr.〇〇°さんが
ピカッピカッ金色のぶたの貯金箱
福沢諭吉札一枚の値段をつけて、、
お金が貯まる方法をなんやかんやと述べてはってぇ~
ラベンダーの布でお金を清め、黄色の紙等で包むとか・・・

なにより「この金のぶた貯金箱を買え」ってさっ。
アコギな商売よのぉ~。
なぁ~んて、、思うものの、、
信じる者こそ救われるぅ~ってのもありな小市民。
そして、財布の中には種銭(たねせん)を入れておくこと。

種銭には諸説、いろいろあって
みんな好き放題に書いていて
結局は、ココ(サイト)から財布を買ってくれる人に
イイ事を教えてあ・げ・る・・・みたいな感じ。

検索するとキリがないので
最初に出会ったDr.〇〇°さん流をば。
100円・10円・5円のそれぞれの硬貨を
種銭.jpg
黄色い袋に入れておく。

今の自分に出来ること。
生れる前のギザ十硬貨.jpg
あとは五円玉

この十円玉、、私が生まれる5年も前の
縁にギザギザのあるやつであります。
こんな風に長い年月を現役であり続けたいの願いを込めて。

Dr.〇〇°さんによると硬貨に刻まれている年数にも
相性があるらしい・・・
生れた年に4の倍数を足す(引いても可)
探してみても以外と無いもんで、、
幸運の数字24円通帳入金の時に投入しちゃうから。

ポチっと応援いただければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事へのコメント