10の予言も1の経験からなんだよ。

「ほらっ。私の言った通りになったやろ!」
👆この「通り」の『と・お・り』の語気が
最大ボリュームにして
最大級のドヤ顔をする人がいる。

この方のお蔭で今の自分がいるのだ!・・・と
感謝しかない恩人であれば、素直に聞き入れるコトも
できましょうが、、

ドヤ顔に罵声にも似た大声で言われたら、、
(天邪鬼な私だけかもしれないが)
「はいっ。はいっ。おっしゃる通り」
👆この『はいっ』は一回でエエねんっ!
突っ込みたくなるような・・・ふてくされ気味の・・・
態度になっちまうじゃ~あ~りませんこと?

100人の回答者の中にたった一人だけが正解!
と、、言うのとは違って
下世話な問題の
進捗状況ちゅ~のか、顛末ちゅ~のか、
高みの見物的なこの予言セリフに違和感を感じてしまう。

泥沼ともいえる渦中でもがく人が
今のままでイイはずがないっ!と
いくつかの選択肢、何を最重要視にして
何から取り掛かるべきなのか???と
深層心理の中では解っちゃ~いるけど。。。

一手先に起こりうる修羅場を予想して
しばらくそぉーとしておこうと対峙から逃げてしまったり
そんな繰り返しの中で
「これじゃ~いかん。ぜんぜん、いかん。」と
勇気を振り絞って、歩を進めてみた、その後・・・。

色々と相談に乗ってくれた人の手前
「とりあえず、こうなりました」と
項垂れながら報告に参ずる。

ココです!この場面であります!
このセリフはタブーではないかと思います。

相談者の方から
「おっしゃていた通りでした」と。。。
素直に口から吐き出せるような
大きな懐で静かに迎えてあげるべきちゃうかっ?と。

豊かな経験値から
値千金の10の予言を授けても
ステップ1の経験だけじゃ~まだ足りない。
ステップ2の経験値でなんとなく・・・
ステップ3辺りで納得せざるを得ないなっ!となって、、
ステップ4まで来ると、自ずと頭が下がる。
以降は授かった予言も有難く拝聴し
「仰せの通りに」と勇気に変わる?
と、、ちゃうやろか?

中には・・・
授けた助言通りに歩を進めないからと言って
「俺は(私は)、、一体、、君の何なのだっ!」
などと、責める人がいる。
心を尽くしてやったのに報われていない気がする・・・
そんな残念な気持ちもわかるけれど。。。
一歩ごとの経験値で開眼してゆくもんで、、、
タイムラグがあって当たり前なんとちゃうか?

理論だけで自転車に乗れない。
補助輪付きから練習するだろ?
補助輪を外してからも手で支えたり見守ったり。
支え無しで乗れるようになっても
次は最初の曲がり角。

ポッチっと応援いただければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事へのコメント