携帯電話乗り換え、ホンマに節約になったのか

10月は私の携帯電話の契約月。
通信機器全般に関して見直しする機会だ。
日進月歩以上のスピードで目まぐるしく変わってゆくのを
TVCM情報程度には捉えていても
ひとつひとつ比較検討するほどの
知識なんて持ち合わせていないし
還暦おんなの唯一の判断材料とは
毎月の支払いがどれぐらいお安くなるの?
👆コレに尽きる(コレしか記憶に残らない)

そして、、
『行きはよいよい帰りはこわい』
新規契約は簡単だった。
甘い誘い水のキャンペーン各種でお得に始められた。

駄菓子菓子
更なる節約と環境改善を求めて乗り換えようとした時に
実のところ、
契約ってやつの足かせに気付くのだ。
世間でゆーところの縛りってやつ。
けっこう複雑で、、
パソコンでしょ~タブレットでしょ~スマホでしょ~
それらを結んでいる
通信機器もシステムも、その縛りは単純じゃ~ねぇ~。
2年縛りだったり、3年縛りだったり。
解約のタイミングで
事務手数料やら解約違約金がひょっこり顔を出してくる

新生活スタート時にトータルコーディネートした
敷布団から枕カバーまでの寝具〇点セットを購入しても
それぞれに経年劣化が違う。くたばるタイミングが違う。
まず、シーツの買い替え、次に枕カバー、ってな具合で・・・
そのうちに嵩張る布団を買い替えるタイミングがやってくると
住んでいる自治体のルールに従って処分せねば・・・ってな具合。

ショップで担当してくれたお兄ちゃんはとても親切だった。
ほんとに事細かに説明してくれた。
けれど、、私の頭の中の引き出しにその情報が納まりきらず
そのうち集中力が持たなくなって
しまいには「もう、これでエエわっ」みたいな感じの・・・
やけくそ・・・に。

月々の支払いが約3~4,000円ほど安くなったので
事務手数料やら解約違約金が2万円を超えてしまったけど
まぁ、良しなんじゃ~ないのかなっ。

ポッチっと応援いただければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント