5年越しのスーツケース

新大阪にあるセンイ(繊維)シティの真横に住んでいた頃
そりゃ~もう何でもありの買い物天国。
ホテルタオルだって宿泊時に盗まなくてもB品を買える・・・

営業時間内であれば
晴れでも雨でも、夏の暑い時でも冬の寒い時でも
冷暖房の効いたセンイシティ建物内を
往路は新大阪駅まで、復路は自宅まで歩くわけです。
マンションの家賃は高かったけれど
寝具・タオル・下着・靴下(特にストッキング!)など
もちろん通勤着だってちゃんと試着しながら廉価で買うことができた。

そんなある日、目と目が合ってしまった(?)
S/Mサイズのハード(裏側)&ソフト(表側)スーツケース。
ドイツ製で一万円ちょっと(売れ残りかな?)の優れもの。

それまでは
機内持ち込みサイズスーツケースとリュックだけで
国内一泊二日でも、3週間を超える大陸旅であっても
特に不自由も感じる事なく旅をこなしてきたけれど・・・

汚れや傷は『旅の勲章やっ!』と思える私だけれど
経年劣化はまず、金具から始まって。。。
ファスナーの“つまみ”部分が外れて「さよなら~」を皮切りに
あちらこちらが傷んで使い勝手が悪くなってきた頃の、、
この新しい出会い。

以来・・・このS/Mサイズのスーツケースは私の相棒に。
いまだにその外見は美しいままなのに・・・
縦向きにひとつ、横向きにひとつある把手の横の方が“ぶらんぶらん”に。
完全に切り離してしまうと布の下地がむき出しになってしまって
一気に劣化が進んでしまうだろう。
使用時はキャリーバーを引き出してキャスター移動だし
私はぜんぜん困らない。

駄菓子菓ぁ~子、、海外旅行中心の場合・・・
空港までのリムジンバス、目的の空港で、移動の空港で
このスーツケースを預ける度に係員から損傷個所を指摘される( ̄д ̄)
考えてみれば、、
預かる側の落ち度になりかねないから
その度ごとに確認し、念を押されてしまうわなっ。
私は不自由を感じなくとも、預かる方は気が気でないわけで
きっとコレは迷惑行為とも言えるのだろー。

だば、、修理かっ?
街のスーパーの一角で洋服などのお直しをするチェーン店が
鞄類の修理のサービスを始めたらしいと聞いて持ち込んでみれば
一旦、本社に送ってからの見積りだと言われてしまい
「おおよそ一万円以上かかるであろー」とのこと。

もちろん、同じモノを探すに探したわぁ~。
Sサイズなのに容量はMサイズ程に変身可能で
下(底)面は安心のハード仕様で
上(表)面は3つのポケット付き強度生地のソフト仕上げ。
ハードとソフトのイイとこ取りが、中途半端だと思われてしまうのか?
生産中止の様子(*´з`)

あれからもう5年が経過して、そのまんま・・・
今はLサイズスーツケースでのハワイ旅が続く。
あぁ、やっぱりMサイズのスーツケースが欲しいよなぁ~。
と、、まだ有効期限余裕ポイントのある楽天にて
イイ買い物の日も、ブラックフライデーも検索を怠らず
楽天検索スーツケース.png
👆コレっ。とても気になる
けど、いまひとつ、、決心がつかず・・・

まるで期待していなかった
Amazonサイバーマンデーとやらに出たぁ~
ゼロブリッジスーツケース.jpg
設定価格、ダントツ安値。
サイバーマンデー中は更に20%引き
👆この浮いたお金でスーツケースカバーだって買える!

やっぱり
慌てる乞食は貰いが少ない?
と、、思う私なのであった。

ポッチっと応援いただければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント