ズルする父とチクる母

脂肪肝が発覚した父は3ヶ月かけて食事療法すると決意
大好きなあんドーナツを経つだけでは当然、足りない
http://corallehua.seesaa.net/article/438791307.html?1467179955
一滴のお酒も飲まないのに・・・
老い先短い人生の最大の楽しみを制限してしまうのは可愛そうでしかたがない
毎日、必ずスポーツクラブへ通う父の身体はしなやかなのに
肝臓が肥満って・・・。

高齢で食が細くなったとはいえ、好きなモノを好きなだけ食べてしまうせいだ
そして、無知・・・父の頭の中は、食べ物が大きいか小さいかだけで判断してしまう
これが原因なのだ。

『脂肪と糖質の摂取は控え、魚・大豆・卵など良質のタンパク質を摂り
食物繊維、ビタミン、ミネラルもバランスよく摂る』
教育的指導、つまりは現実的な献立の指導が必要なのだ。

というわけで、毎月曜日の母とのコノミヤデイーで父の朝食用食品を一通り買い揃えた
まず、食パンは円熟全粒粉か円熟五穀に変更
マーガリンはコレステロール0のモノに変更
卵は禁止しないことにして、2日に一度、私がゆでたまごにして渡す
これを続けると週に一度、私から“おはぎ”のプレゼントが進呈される。

そして、昨日。
カゴに円熟全粒粉を入れようとすると「今朝、買い物は済ませた」と母が止めた
はて?
ボケた頭でちゃんと覚えたのねんっエライっ!と思ったけど、念のための確認をば
「どれを買ったん?」と私。母が指を差したパンは
ネオレーズンバターロール・・・1個169Kcal,糖質8.5g

賭けてもイイ。父は最低でも1度に2個は食べてるハズ・・・つまり白飯お茶碗3杯弱分
「お母ちゃん、違うやろ。コレかコレにせなアカンってゆ~たやろぉ~」

父から買って来いと指示されたと・・・
それからは、アレも食べたし、コレもこんなにも食べたとジェスチャー付き
肝心なコトは何も思い出せない頭なのにチクりまくる母。
そして、カゴの中にはお惣菜の酢豚(油+砂糖)が。
ダメだこりゃ~。

それでも今日の帰路。スーパーマルナカでおはぎかヨモギのお餅を買ってあげよう。
私にはフルーツ盛りを。アラ還お一人様が多種のフルーツを食べれるのは
スーパーマルナカのお・か・げ。
フルーツ盛(中).jpg


励みになります。もしよろしければポチっをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

"ズルする父とチクる母" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: